塾講師の年収・給料はどのくらい?年収upのコツも解説

塾講師の年収・給料はどのくらい?年収upのコツも解説

塾講師の正社員の平均年収は365.2万円

厚生労働省が提供している「賃金構造基本統計調査」※によると、個人教師・塾・予備校講師の平均年収は365.2万円とされています。

塾講師正社員

平均年収365.2万円

年収グラフ
月給 26.8万
年齢 36.1歳
総労働時間 166時間
賞与 42.9万
勤続年数 7.5年
超過勤務時間 6時間
※令和元年のデータを元に作成しています。 しかし注意して頂きたいのが、この数値はあくまで“平均年収”であること。 実際には塾講師の“働き方”や、大手・地域密着といった“塾の規模”の違い、“年齢・性別”や“担当科目”。 そして意外に思われるかもしれませんが、“塾の方針”などによっても年収には大きく差が出てきます。 そこでこの記事では、厚生労働省・当サイトの求人データだけでなく、現役塾講師・教室長・元塾講師の方々にお話を聞きながらまとめた内容をご紹介していきます。 これから塾講師を目指す方、塾講師の転職を考えている方、現役塾講師で自身の年収の立ち位置が気になる方は是非参考にしてみてください。

雇用形態による給料の違いは最大200万円

一般的に「雇用形態」は“正社員”と“非正規雇用”で分けて考えられる事が多いと思われます。 しかし昨今の塾業界の雇用形態は講師のニーズに合わせる形で変化し、大きく4つに分かれ始めているのです。 雇用形態の違いの図 ※塾によって若干異なる場合があります。 正社員の場合 塾(会社)と正式に雇用契約を結び、週5日、1日8時間労働が決まっている働き方です。 生徒さんがいない時間は授業以外の業務(教材作りや教室管理などの雑務)を行うこともあります。 常勤講師の平均年収の図 平均年収は「賃金構造基本統計調査」では365.2万円とされていますが、これはあくまで個人教師・塾・予備校講師の平均年収。 実際(当サイト調べ)は補習・予習塾で252万~350万(月収18万~25万円)、 難関受験・大学受験塾だと392万~560万(月収30万円~40万円) あたりが相場となってくるようです。

非常勤講師(アルバイト)の場合

非常勤講師とは塾(会社)に属さず、任意のコマ(授業)のみ受け持つ事が可能な働き方です。 働ける時間に限りがある主婦や、副業として講師をされている方が多く、学生アルバイトを“非常勤講師”として扱っている塾も存在します。 非常勤講師の平均収入の図 ※参考:令和元年賃金構造基本統計調査 平均時給は「賃金構造基本統計調査」によると1596円。 当サイト調べだと1000~1700円あたりが相場となりました。 一般的に個別指導塾より集団指導塾の方が時給が高い傾向となっています。

契約社員の場合

契約社員は正社員として雇用する前段階、様子見として短期間適応されることがある働き方です。 塾によっては「非常勤講師」として扱っている所もあります。 給料制度は塾によって月給制のケースと授業コマごとの時給換算のケースがあり、月給制だと18万円 時給換算だと1800~2000円 が相場となっています。

常勤講師の場合

常勤講師とは、正社員と同じ待遇(福利厚生)を得ながら、「授業のみ」を集中して行うスペシャリストのことです。(※塾によっては正社員・契約社員を指すこともあります)正社員として雇用されていた講師が、「授業や生徒の事だけに集中したい」「授業以外の時間を自由に使いたい」といった理由で非常勤講師や契約社員の働き方を希望する事例が増えたことを背景に、塾側が応える形で広がりを見せました。 通常の正社員と比べると出勤時間が短いため若干給料は下がりますが、それ以上に得るものが大きいとわざわざ常勤講師制度のある塾に転職する講師もいるほど人気が高まっている働き方です。 そんな常勤講師の平均年収は(月収20万~30万円) まだ導入している塾が少ない分事例も少なく偏った数字となりました。

塾の規模による年収・給料の違い

各企業で開示されている有価証券報告書を見てみると、知名度の高い大手塾は塾生も多いため、年収が高くなる傾向にあります。
ナガセ(集団指導) 754万
リソー教育
(個別指導)
684万
早稲田アカデミー
(集団・個別指導)
512万
東京個別指導学院
(個別指導)
502万円
明光ネットワークジャパン(個別指導) 491万円
市進ホールディングス
(集団・個別指導)
421万
クリップコーポレーション(個別指導) 393万
ただし大手塾の中には、正社員は教室運営スタッフや教室長・本社勤務のみ。講師職はすべて非常勤講師で賄っている…といった塾も存在しているため、子供に勉学を教える講師職一本を貫きたい方は注意が必要です。 一方、規模が小さく知名度が高くない塾であっても、業績が良く根強い運営を行っている塾であれば、高い報酬を得る正社員講師として働くことが可能でしょう。

担当科目によって年収に違いも

塾講師の担当科目において、鉄板的に重要視されているのは小学生(中学受験)の「国語」講師と「算数」講師。 中学生以上では「英語」講師と「数学」講師が重宝されています。 これらの科目は受験科目の花形。 教えられる講師はぜひとも確保しておきたいのが塾側の本音なので、囲い込みの意味でも給料が高くなるケースもあるようです。

急募されている理科・社会講師求人は重宝される

受験科目が重要視されているとはいえ、決して他の科目講師が軽視されている訳ではありません。 特に理科・社会のプロ講師は希少的で常任講師を見つけるのが難しく、急募がかけられている塾ではとっても重宝される存在となります。 普段より時給・月給・年俸がアップされている可能性もあるので、見逃さないようにしましょう。

現役講師必見!年収upのコツ

他の職業と比べると年収が低いと言われがちな塾講師。 しかし年収1,000万円~5,000万円を超える超人気講師が存在するのもまた事実です。 では年収をアップさせるには、具体的にどうすればいいのか最後に解説していきます。

①役職につく


先ほども軽く触れましたが、塾講師にも普通の会社の部長、課長というように「教室長」「エリアマネージャー」「ブロック長」「科目長」といった役職が存在します。 各々役職に合わせてマネジメント業務や教材作りといった“教える”以外の仕事も増えていきますが、その分「役職手当」という形でお給料に還元されるため、自然と年収が上がっていきます。 この手当だけで年収が50万円~100万円あがることもあるでしょう。

②ネームバリューのある先生になる

生徒やその親御さんからも引っ張りだこな、いわゆる「人気講師」になると塾側も手放すわけにはいかないため年収は大幅にアップします。 とはいえ塾側から「手放したくない」と思ってもらえるような講師になるには、分かりやすい授業のための工夫だけでなく、生徒さんとのコミュニケーションや気遣いなど相当な努力が必要です。 しかし一度周りから評価され人気の拍がつけば、給料アップの直接交渉なども可能になるため目指す価値は大いにあります。 具体的な方法の一つとして挙げておきたいのが「オンライン授業」を開催している塾に勤めること。 PCやタブレット端末さえあればどこからでも授業を受けることが可能なオンライン授業であれば、全国の生徒さんに見てもらう事が出来るため、知名度が上がりやすくオススメです。

③正社員雇用の塾で長く続ける

一般的な会社と同じですが、どの塾でも長く勤めれば勤めるほどお給料はアップしていきます。 非常勤講師や契約社員だと昇給しない場合もあるため、正社員雇用を行っている塾で長く働き、確実に年収アップをはかるのもよいでしょう。 塾の講師
塾講師の求人を探す

条件に合う求人 18444
エリア検索
路線

雇用形態
指導形態
フリーワード
条件に合う求人 18444
勤務期間・時期
給与・福利厚生
歓迎
待遇
喫煙・禁煙
募集
塾の強み
対象
条件に合う求人 18444
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方