塾講師面接対策マニュアル

塾講師面接対策マニュアル

バイト・正社員別に面接突破のコツをご紹介

書類選考を通過し、面接の日程が決まったときに確認しておきたいのが「面接時のマナー」です。 面接では志望動機や自己PRといった履歴書の内容だけでなく、身だしなみや話し方から表情、仕草までチェックされています。 事前にしっかり対策を行い、好印象を残せるようマナーを確認していきましょう。 この記事では、面接当日の流れに沿って必要なマナーやポイントを解説していきます。 これから面接を控えている人は、面接当日までにぜひチェックしてみてください! キャラクター:かなり詳細にご紹介しますが、全てをこなす必要はありません!参考程度に確認していきましょう!

当日の流れと面接時のマナー

面接の準備~面接は準備の段階から始まっている

面接の準備には、大きく分けて3つのステップがあります。
1.履歴書の準備 2.服装・身だしなみの準備 3.持ち物の準備

1、履歴書の準備

面接に持参する履歴書の中身は要項を全て埋めるだけでなく、何を書いたか、どんな思いで綴ったのかを再確認しておきましょう。 特に志望動機や自己PRは、そこに関連した質問が予想されます。 履歴書の中身を丸暗記するのではなく、自分の考えを自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

2、服装・身だしなみの準備

面接では履歴書の中身や話す内容より身だしなみで印象が決ってしまう事が多々あります。 特に教育の現場である塾は、正社員・アルバイト問わず「フォーマルに近い服装」が望ましいといえるでしょう。 正社員面接を受ける方は当然スーツを、アルバイト面接を受ける方もスーツ着用とまではいかなくても、ジャケットを着用しておくと安心です。 男性の身だしなみで気を付けること 女性の身だしなみで気を付けること

3、持ち物の準備

最後に持ち物の準備です。

※必須の持ち物

  ☑ A4サイズの書類が入るバッグ 応募書類を持参したり、逆に企業側から資料を渡される可能性もあるため、バッグはA4サイズが 入るものがオススメです。 他の持ち物が入っても余裕があるサイズを選ぶとなお良いでしょう。 ☑ 筆記用具、メモ帳 履歴書の記載漏れ(日付などが多い)や面接中に気になったことをメモする際に役立ちます。 (面接中にメモを取るときは許可を貰って取るようにしましょう。) また、塾講師の選考は筆記試験が予定されている可能性もあります。その場合ボールペンだけでなく シャーペンや鉛筆・消しゴムなども持参しましょう。 ☑ エントリーシート・履歴書 企業から提出を求められている書類は、カバンの中で折れないようクリアファイルに入れた上で封筒に 入れ持参するのが望ましいです。     ☑ 腕時計 面接を受ける建物内に入ったら、その時点で携帯電話(スマホ)を弄るのはマナー違反。 面接会場に時計があるとも限らないため、時間の確認は腕時計を使う必要があります。 その際持参する腕時計はシンプルなデザインのものを選びましょう。 ☑ 携帯電話(スマートフォン) 電車の遅延や事故、体調不良など何かしらのトラブルが発生した際速やかな連絡が必要です。 携帯電話(スマホ)にはあらかじめ企業(採用担当)の連絡先を登録しておきましょう。     ☑ 現金・交通系のICカード 当日スムーズに移動出来るよう、あらかじめチャージしておくと安心です。 ☑ ハンカチ・ティッシュ 面接を受けるとき緊張で汗がダラダラ…なんてことにならないよう、ハンカチとティッシュも必ず 持参しましょう。

②訪問~受付までの流れとマナー

訪問のマナー

事前に交通手段を調べ、面接会場には約束の10分前には到着するように余裕を持って出発しましょう。 当然ながら遅刻は厳禁です。 万が一やむを得ない状況で遅刻してしまいそうな場合は、出来るだけ早い段階で企業に連絡を入れましょう。 面接会場についたら、建物に入る前にシャツの襟は立っていないか、目立つシワが出来ていないか、髪のほつれが無いかなどを目立たない場所でチェックします。 面接前に食事をした場合は、必ず歯に食べ物が挟まっていないかも確認してください。 建物に入る直前にスマホの電源を切り、コートを脱いで綺麗に折りたたんだら受付へと向かいます。

訪問前チェックリスト

□ 10分前までに到着する □ スマホの電源はOFFにする □ コートは建物に入る直前に脱いで綺麗に折りたたむ   □ 髪のほつれ・歯のチェック □ シャツの襟は出ていないか、目立つシワは無いか      

受付のマナー

受付に入ったらハッキリとした声で以下のように伝えましょう。
応募者

本日〇時より面接のお約束をさせて頂いております、〇〇と申します。 採用担当の××様にお取次ぎをお願いいたします。

必ずこの通りに伝える必要はありませんが、「約束の時間・来社理由・名前・担当者名」の4つは必ず伝えるようにしてください。 また、このタイミングで履歴書の提出を求められる可能性もあります。 その場合「封筒に入れたまま」履歴書を手渡すようにしてください。

③待機~入室までの流れとマナー

待機中のマナー

受付後、面接官の準備が整うまで廊下や待合室で待機することがあります。 そのような時でも気を抜かず、背筋を伸ばして静かに待ちましょう。 特に「スマホを弄る」「誰かと話す」「キョロキョロと周囲を見回す」はマイナス印象に繋がる3大NG行動。 他にも「目をつぶる」「あくびをする」「貧乏ゆすり」など、落ち着きのない行動は控えるようにしてください。

入室時の流れとマナー

【1】ドアをノックする
入室のタイミングになったら、ドアを軽く3回ノックします。 「どうぞ」という声が聞こえたら、「失礼いたします」と言ってからドアを開けましょう。
【2】部屋に入りドアを閉める
部屋に入ったら、ドアの方を向いてドアを閉めます。 この時後ろ手でドアを閉めないように注意してください。
【3】面接官に向かってお辞儀する
ドアを閉めたら面接官の方へ向き直り、30度の角度でお辞儀をしましょう。 「本日はよろしくお願いいたします」といった言葉を添えてもOKです。
【4】椅子の横に立ち、挨拶をする
お辞儀の後椅子の横まで移動し、姿勢を正して立ちます。 「本日はお時間をいただき、ありがとうございます。苗字名前と申します。よろしくお願いいたします。」 と言い、その後深く(45度の角度)お辞儀をしましょう。 この時言葉とお辞儀を同時に行わないよう注意してください。
【5】着席
着席は面接官に「どうぞ」と促されてから「失礼いたします」と言い、一礼(15度の角度)してから席に着きましょう。

④面接中のマナーとポイント

面接中に採用担当者がチェックしているマナーや評価ポイントは、「姿勢・表情・話し方」の3つです。

座っている時の姿勢のポイント

意外と忘れがちなのが座っている時の姿勢。 もじもじと落ち着きなく足や手を動かしてしまったり、癖で猫背になってしまったり。 最初は気を付けていたのに、気が付いたら背もたれにぐったり寄りかかっていた、なんて話もよく耳にしますが、当然姿勢も面接官の大事なチェックポイントの一つとなっています。

座っている時の姿勢のポイント

□ 椅子には深く腰掛けすぎない              □ 背もたれにはもたれない □ 背筋は力を入れすぎない程度に延ばす          □ あごは軽く引く □ 男性は両膝を軽く(ガニ股にならない程度に)開き、手は軽く握りこぶしの状態で膝の上にのせる □ 女性は両膝を閉じて足を揃え、両手を重ねて膝の上にのせる □ むやみやたらと体を動かさない
特に面接の空気に慣れ、緊張がほぐれたタイミングで姿勢も崩れやすいようなので、面接官と目があったら 「(あれ、今自分の姿勢ってどうなってる?)」と意識して直すように心がけると良いかもしれません。

表情のポイント

面接では第一印象がとても重要になってきます。 身だしなみや清潔感も響きますが、何より大切なのは明るく柔らかで落ち着いた「表情」です。 硬くなりすぎない、明るくリラックスした表情を心掛けるようにしましょう。

好印象を残せる表情のポイント

□ 一番最初の挨拶は明るくハキハキした笑顔で □ 基本はうっすら口角を上げることを意識する □ 話す内容によって真剣な表情や楽し気な表情を使い分ける     □ 眉間の力を抜いて視線はまっすぐに         □ うつむくと暗く見えるので気を付ける □ 面接の前に頬をマッサージし、鏡で表情の確認をする

話し方のポイント

面接ではその人の中身(志望動機・自己PRなど)やマナーだけでなく、「会話の仕方や物事の伝え方」も見られています。 特に塾講師は生徒に勉学を教える職業、「伝え方」には必ず採用担当者のチェックが入るので、以下のポイントをしっかり心掛けるようにしてください!

相手に伝わりやすい話し方のポイント

□ 結論から話す(ダラダラ話が長くならないようにする) 面接官に質問されたら、まずはその答え(結論)から述べるようにしましょう。 説明から入ってしまうとダラダラ長くなってしまい、面接官も「結局答えは何?」と混乱してしまいます。   □ ハッキリとした声で時折身振りを交えて話す 話すときは聞き取りやすい口調ではっきりと話しましょう。 また、話している途中に身振り手振りを軽く加えるとより分かりやすく 効果的です。 □ 一人称は「わたし・わたくし」で統一する 社会人の一人称は男女問わず「わたし」となります。 よく「自分は」「あたしは」などを使ってしまう方がいますが、これはNGです。 □ 早口になりすぎない 緊張するとつい早口になりがちですが、早く話してしまうと相手が聞き取りずらいだけでなく、落ち着きのない印象を持たれてしまいます。 □ 敬語は正しく使う 敬語を意識するあまり、謙譲語や尊敬語、丁寧語がごちゃごちゃになってしまうと本末転倒。 「普段使い慣れていないのかな?」とかえってマイナスな印象となってしまいます。 面接の前に簡単に敬語の使い方についておさらいをしておきましょう。 とくに「国語の講師」を志望する方は、言葉遣いにチェックが入りやすいため注意が必要ですよ!

⑤退室時流れとマナー

【1】椅子に座ったままお礼を伝える
面接官から退室促されたら、座ったままの体勢で「本日はお忙しい中お時間を頂き、ありがとうございました。」とお礼を述べお辞儀をしましょう。
【2】立ち上がり椅子の横でもう一度お辞儀をする
お礼を述べたら立ち上がり、椅子の横に立ってもう一度お辞儀(45度の深いもの)をします。 (もう一度お辞儀をする前にカバンを持っておくと綺麗な流れになります。)
【2】ドアの前でもう一度お辞儀をする
ドアの前まで移動したら、面接官の方へ向き直り「失礼いたします。」と言い、もう一度お辞儀(45度)をしてからドアを開けて退出しましょう。 この時ドアは静かに開け閉めするようにしてください。 部屋を出た後もまだそこは企業の敷地内、気を抜いたりしてはいけません。
□ すれ違う従業員には軽く会釈し挨拶する □ 携帯電話(スマホ)の電源は入れない □ 髪をほどいたりネクタイを緩めたりしない □ 速やかに建物の出口に向かう
といったポイントに気を配り、最後まで油断せずに面接を終えましょう。 以上が面接の流れとマナーです。

不採用理由から学ぶ!面接突破のコツ

最後に、現役採用担当者に聞いた主な不採用理由とそこから読み取れる「面接突破のコツ」についてご紹介していきます。 マナー以外の面での指摘も含めて解説していくため、これから面接対策を行う方だけでなく、すでに面接対策は万全!と思っている方も要チェックです。

企業研究不足

塾のスタッフ

志望動機が「うちの会社」でなくても通じる内容であったり、「うちの会社のどこに魅力を感じましたか?」という質問に答えられなかったりすると“企業研究不足”で不採用にすることがあります。 ホームページを読めば答えられる質問にとどめているつもりなんですが…。

塾のスタッフ

そもそもどんな事業なのか、どんな人材を求めているのか理解しようとせずに適当に応募してきた人はすぐに分かります。 答えに一貫性がまるでありませんから。 酷いときは求人票すらろくに読んでこない人もいますね。

【解説】 企業は「自社で活躍できるスキルを持った人材」だけでなく、「自社に入りたいと心から思ってくれている人材」も同じくらい求めています。 その人材を見抜くために欠かせないのが「企業研究を行っているかどうか」。 求人票だけでなくホームページも事前に確認し、その内容を読み取って志望動機や自己PRに反映させているかどうかが判断基準となっているのです。
採用担当者 まずは求人票とホームページを見て仕事内容・事業内容・社風をしっかり把握することから始めましょう。 おのずと自分が「どうしてその企業で働きたいと思ったのか」が見えてくると思います。 また、分からない点や足りない情報は仮説を立て、面接で質問するくらいのスタンスで挑みましょう。 求人票・ホームページを見た上での質問は「意欲」と捉えてもらえるためかなり良い印象になりますよ。
自己PR・志望動機のまとめ方

マニュアル的な回答と意思を感じない棒読み

塾のスタッフ

受け答えのほとんどが、どこかで読んだような「例文」をそのまま暗記してきた感じの人、意外と多いんです。 そういう人はちょっと型外れな質問をすると、途端なにも答えられなくなっちゃうんですよね。

塾のスタッフ

言っている事は素晴らしいのに、感情を感じない「棒読み感」が気になる人は採用に躊躇してしまいます。 熱意が伝わってこないとどうしても「本当に心から思ってるのかな?」「実はそんなに乗り気な面接じゃないのでは?」と考えてしまいますし、面接はコミュニケーション能力を見る場でもあるので、普段からそんな感じの人なら取りたいと思えないですよね…。

【解説】 よくやってしまいがちなのが、履歴書・エントリーシートの志望動機や自己PRを書く際ネットに書かれていた例文を参考にし、そのまま暗記して面接に臨んでしまうパターンです。 面接官は今までに何人もの応募者を見てきていますから、大体の例文パターンは把握していますし、どう切り込めば相手の化けの皮が剝がれるのかも熟知しているため、マニュアル通りの回答は非常に危険です。 とはいえ、よくネット上で見かける例文を全く参考にしていけない、という訳ではありません。 例文を参考にしたとしても、肝心の内容がその人オリジナルのものであれば面接官はしっかりと評価してくれます。
採用担当者 面接での回答は例文をもとに考え対策しても構いませんが、必ず自分オリジナルの内容にしましょう。 面接官は必ず「どうしてそう考えているのか」「どんなきっかけでそう考えるようになったのか」といった 例文を参考にしただけでは答えられない、詳しいエピソードを求めてきます。 マニュアルの内容だけでなく、より具体的なエピソードも一緒に考えるようにしてください。 また、その内容と熱意が相手に伝わるような話し方も練習しておきましょう。  面接はコミュニケーション能力を計る場であると共に、自分を売り込む場でもあります。 「御社にこんなにも入りたいんです!」という気持ちが伝われば、面接官も採用に前向きになってくれますよ!

話が長く分かりずらい・結論が見えない

塾のスタッフ

ぐだぐだと長いエピソードが続くと「で、結論は?」という気持ちになってしまう。 必ず、という訳ではないが、最初に結論を持ってこない人は論理的な考え方が出来ない人と判断し、 採用を見送ることも多いですね。

塾のスタッフ

一つの質問に対し、聞いていない事まで長々と話し続ける人は「話をまとめられない」「会話のキャッチボールが出来ない」「相手に配慮しない」人なんだなと評価せざるを得ません。 相づちは打ちますが、内心「早く結論言ってくれないかな」とずっと考えています。

【解説】 自称「コミュニケーション能力に自信あり」な人がやりがちなのが、つい相手が聞いていないことまで長々と話してしまうことです。 面接は限られた時間の中で行うもの。 面接官も聞けることは限られてくるため、回答は分かりやすく、それでいてまとまった内容が求められます。 面接官が相づちを打ってくれていても、内心「早く結論を聞いて次の質問をしたい」と思っている可能性を頭の中に入れておきましょう。
採用担当者 まず、話始めは必ず「結論」から入るようにしましょう。 先に結論が伝われば、「ああ、この人はこれからこういう事を伝えたいのね」と理解してもらえますし、その後に続く具体的な理由・エピソードにも聞き入ってもらえます。 とはいえ長すぎる内容はNG、自分が一番伝えたい事・アピールしたい事を中心にまとまりのある内容を伝えましょう。 そして話すことだけでなく、「相手の話を聴く」ことも大事なポイントです。 面接はあくまで会話のキャッチボール。 面接官が何を聞きたいのか、その質問にどんな意図があるのか考えながら回答する必要があることも念頭に入れておきましょう。

不満や悪口が多い

塾のスタッフ

志望動機でいかに今の職場が最悪なのかを熱心に語られました…。 大変なことには同情するけど、正直「この人と一緒に働きたい」とは思えませんでした。

塾のスタッフ

面接中事あるごとに今の職場を貶し、うちの会社を持ち上げる言い回しをしていた人がいました。 単純にうちを持ち上げたかったのか、よほど今の職場に不満があるのか分かりませんが、仮にも自分で望んで入社した職場をこうも悪く言うのか…とネガティブな印象が強くなり、不採用としました。

【解説】 正社員の転職活動の場合、少なからず現職に不満・不安を感じている状況なのかもしれませんが、その感情を 面接の場で出してしまうのは絶対にNGです。 企業・面接官側からしても、仮にも自分が選んだ職場を貶すような人を迎え入れたいとは思わないでしょう。
採用担当者 面接官に伝える内容は原則ポジティブな内容にしましょう。 どうしてもネガティブな内容を伝える必要がある時は、ポジティブ➡ネガティブ➡ポジティブの順番に 伝えられるよう工夫してみてください。 面接官は未来のあなたの同僚・先輩・上司にあたる人です。 「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるような雰囲気・表情・姿勢を心掛けてくださいね。

清潔感を感じられない

塾のスタッフ

もの凄く優秀で人当りも良い、しかも即戦力な人材! しかし髪が脂ぎってて寝ぐせ付き、体臭も気になるしフケも目立つ…。不採用にしました。

塾のスタッフ

見た目は普通なのに、いざ面接が始まると応募者の口からぷ~んとにんにくの匂いが漂ってきました。人と接する職業の面接なのにそれはいかんでしょ…。

【解説】 普段どころか「面接」というシーンでさえ清潔感が無い身なりをしていると、それだけでどんなに魅力的なスペックの持ち主でも「社会人失格」の烙印を押されてしまう可能性があります。 また、面接前に飲食をする場合も注意が必要です。 面接は大きな声で話す必要があるため、直前に飲み食いしたものの匂いは想像以上に伝わりやすくなります。 匂いの強いものは控えるか、食後に歯を磨くなどエチケットを心がけましょう。

まとめ

塾講師は生徒の成績だけでなく、学校生活や将来にまで影響する可能性のある責任重大な職業なので、自然と求められる「社会人としての常識」のレベルが高くなります。 そうなると面接でも、細かなマナーや身だしなみ、話し方へのチェックは必ず入ってくるのは当然と言えるでしょう。 これから塾講師の面接を控えている方は、しっかり準備と練習を行った上で面接に臨んでくださいね。
塾講師の求人を探す

条件に合う求人 18444
エリア検索
路線

雇用形態
指導形態
フリーワード
条件に合う求人 18444
勤務期間・時期
給与・福利厚生
歓迎
待遇
喫煙・禁煙
募集
塾の強み
対象
条件に合う求人 18444
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方