塾講師のバイト、正社員に学歴や資格って必要?

塾講師のバイト、正社員に学歴や資格って必要?

当記事では、学習塾の講師をやっていく上で、学歴や資格が必要なのか、必要な場合どんな場面で求められるのか、またどのように有利不利に働くかを詳しく説明していきます。

塾講師バイトには高学歴が有利って本当?

先に結論を言ってしまうと、塾講師バイトになるのに学歴も資格も必要ありません。 しかし、現実的には学歴が高いほうが「有利」であることも否定できないのです。

学歴は宣伝材料として使いやすい

理由としては、塾というサービスの性質上、講師の能力を示すのに学歴というのは一番わかりやすいからです。 たとえば「担当講師は東大卒で」と説明されると、それだけで「優秀なんだ」と思ってしまう父兄の方は多いでしょう。 たとえば「講師は全員大学院卒」ということをアピールポイントにしている塾であれば、大学院卒ではない人には全くチャンスがないわけですが、大学院卒の人は、そういう塾も、そうでない塾も選べることになります。 ただそこは、「選択の幅が違う」だけであって、高学歴でなければ塾講師になれないわけではないので、その点誤解なさらないでください。

学歴が最も有利に働くのは採用の時

また、高学歴が有利に働くのは、「採用の時だけ」の場合が多いです。 なぜなら、実際塾講師として働き始めた後は、塾講師としての「実績」が物を言うようになっていくからです、 これは進学塾の場合特にわかりやすいです。「〇〇大学に何人合格させた」という形で、はっきりと実績が示されてしまいますからね。 「東大卒だけど、この先生の授業受けても成績上がらない」 という塾講師と、 「無名大学卒だけど、この先生の授業を受けると、みんな苦手科目が得意に変わる」 という塾講師では、どちらが高評価されるかは明らかです。むしろ東大卒の塾講師のほうが、最初の期待値が高い分、その反動で低評価になりやすいかもしれません。

採用時ですら有名大学出身が不利に働くケース

採用時であれば、常に高学歴が有利かというとそうでもありません。 高学歴が不利に働いてしまうケースもあります。 それは、採用時の筆記試験で、有名大学出身の人と、そうでもない大学出身の人が、同じような点を取ってしまった場合です。 たとえばその有名大学を東大だとすると、 「この人、東大卒なのにこんな問題間違えるんだ・・・学歴詐称してるんじゃない?」 なんて思われることがあります。一方で、そんなに有名ではない大学出身の人が同じ点を取ると、 「この人、意外に優秀かもしれない」 と好意的に解釈されることがあります。 期待値の違いによって、客観的には同じことをしていても評価が良くも悪くもなるというわけです。

学歴不問や高卒可の塾講師募集はあるの?

あるかないかで言えば「ある」ということになりますが、実際のところ「多い」とは言えません。 ではどんな場合に、「学歴不問」「高卒可」が見られるのでしょうか?

個別指導と集団授業

塾を個別指導と集団授業で分けて見る場合、個別指導のほうが学歴不問や高卒可の講師募集を見つけやすいです。 それはなぜかと言うと、単純な話ですが、個別指導のほうが多数の講師が必要だからです。 それに、塾からすれば多数の講師を管理しなければなりませんから、学歴云々より、予定の講師が急に休んだ場合などに、代わりとして柔軟に対応してくれるような講師の方がありがたいでしょう。 また、集団授業に比べて、生徒との距離が近くなりますので、その分生徒からすると講師の人柄を強く感じることになります。ですので比較的、人柄やコミュニケーション力が大事になってきます。

進学塾と補習塾

進学塾で「学歴不問」「高卒可」というケースは少ないです。志望校合格を目標とする塾ですから、学歴が重く見られるのは当然ですね。 補習塾というのは、学校の授業を補完し、学校での成績アップを目指す塾です。こちらのほうが「学歴不問」「高卒可」という募集を見つけやすいですね。

正社員とアルバイト

正社員塾講師の場合、学歴が重視されることが多く、採用の条件が「四年制大学卒」となっていることが大半です。 アルバイトの方が学歴不問の塾講師募集は見つけやすいことでしょう。といっても、多いわけではありませんけどね。

塾講師の学歴の重みは大学生と社会人で違う?

社会人でもアルバイト、時間講師として塾で働くことはあります。 その場合、大学生のアルバイトと比べますと、学歴の重みは違います。 なぜかというと、社会人の場合、学歴以外の経験や実績に注目してもらうこともできるからです。その分学歴の比重は下がります。 また、特に社会人でも30代以上になりますと、いくら有名大学を出ていても「それはもうはるか昔のこと」と捉えられることが多いです。 受験生のころ勉強した内容や、勉強法のコツなどもほぼ忘れていて、塾講師をする上で活かすことが難しいだろうと思われてしまうわけです。 ですので社会人が学歴のみを頼りに塾講師をやろうとすると苦戦することになります。 一方、大学生の場合は、ほぼ大学のみに焦点が当てられます。現在どこの大学に通っているかが非常に目立ちます。 現役大学生ということで、勉強した内容も忘れていないし、受験勉強の経験もまだ新鮮で塾講師として活かしやすいと、塾側から期待されるということです。 ただどちらにしても、採用された後は学歴の影響は薄まり、塾講師としての実績の方がはるかに大事になっていきます。

中学受験塾の講師の学歴は?

中学受験塾の場合、出身中学も注目されます。有名私立中学合格を狙う塾であれば、当然ですが、そういう中学校を卒業している人のほうが有利です。 有名大学卒にくらべると、有名私立中学卒のほうが稀少性は高いですので、中学受験塾に限定すれば、塾講師を志望する上での有効性は高いです。 では中学受験塾であれば、有名私立中学だけ出ていれば、あとは高校も大学も行っていなくていいのかというと、そこはやはりそういうわけにはいきません。 いくら有名私立中学を出ていても、最終学歴が「中卒」では、「勉強が嫌いなんだね」「勉強した経験は少ないんだね」と受け取られ、塾講師としては、塾側、生徒、父兄の誰から見ても印象は良くないからです。 その条件で塾講師をやろうとするなら、何か別の方法で卓越した実力を示す必要があるでしょう。 同じ塾で働いていて同じような仕事をし、同じような実績を出しているのに、学歴が違うせいで時給が違う、ということは「ない」と考えていいでしょう。 もし現在働いている塾がそうであるなら、やめてしまって別の塾を探したほうがいいでしょう。 しかし上述したごとく、学歴によって働ける塾の選択の幅は異なります。 たとえば「学歴不問」の塾講師の募集を探そうとすると、個人指導の塾しか見つからない、ということも多いですが、個人指導ですと集団授業に比べて時給は安くなります。 これは、一度に受け持つ生徒の数がはるかに少ないのだから当然です。 それに対して有名大学を出ている、または現在通っているという人は、個人指導、集団授業、補習塾、進学塾と選択肢が多いわけです。その中から、時給の高いものを選ぶことができます。 たとえば「講師は全員東大生」ということをアピールポイントとしている塾も実際あって時給も高いのですが、東大生であればそういう塾も選択肢に入れることができます。 学歴の違いが選択の幅の違いを生み、それが時給の違いにつながる、ということです。

まとめ:結局塾講師にはどれくらいの学歴が必要なのか?

選択の幅から考えますと、四年制大学卒か、現在四年制大学に通っている、というのが無難なラインになりそうです。 高卒や短大卒だと選択肢が極端に減ってしまい、それが時給に影響します。 もちろんそれでも、教えるのが好きで情熱があるのなら問題はないでしょう。最初は安い時給でも実績を積み上げていくことで、時給アップも望めるでしょう。 そうではなく、「塾講師に思い入れはないけど、時給が高そうだから」というだけの人が、「学歴不問」の募集を探して塾講師をやろうとすると、「大変な割に、これだけしかもらえないの?」という結果になりかねません。 なぜかというと、「他のアルバイトに比べて時給がやや高い」程度では、実質的には他に比べて安くなってしまうことが多いからです。 授業の準備に時間がかかりますし、時間外に質問対応したり、採点や添削をしたり、復習プリントを作ったり、ということもありますので。 主に時給に注目して、塾講師をアルバイトとして選ぶのなら「四年制大学卒または現在四年制大学に通っている」という条件は必要と考えたほうがいいでしょう。 この条件を満たしていれば、選択肢が極端に減ってしまうということはなく、採用された後は、有名大学出身でなくとも塾講師としての実績で勝負できますので。
塾講師の求人を探す

条件に合う求人 18444
エリア検索
路線

雇用形態
指導形態
フリーワード
条件に合う求人 18444
勤務期間・時期
給与・福利厚生
歓迎
待遇
喫煙・禁煙
募集
塾の強み
対象
条件に合う求人 18444
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方