be動詞過去形の使い方を例文とともに徹底解説|練習問題にも挑戦しよう!

「be動詞の過去形の使い方がわからない…」 「応用問題が解けるようになりたい。」 「英語のテストでいい点がとりたい!」 このような悩みを持っている人必見です。 実は、be動詞過去形の使い方はたった1つの表を覚えてしまえば、完璧に理解できます。 今回は下記の順に解説していきます。
● be動詞過去形の基礎 ● be動詞過去形の使い方 ● 練習問題に挑戦!【be動詞過去形を徹底攻略】
この記事を読めば、be動詞過去形の使い方はもちろん問題の解き方まで理解できるでしょう。 ぜひ、最後の練習問題も解いてみてください。

be動詞過去形の基礎を徹底解説

be動詞の過去形を理解するには、現在形のことも理解しなければなりません。 現在形の種類や使い方についておさらいした後に、be動詞の過去形や短縮形についても誰でも分かるように解説します。

まずはおさらい!be動詞の現在形

be動詞の現在形は3種類あります。 「is」と「am」と「are」です。 この3つbe動詞は主語によって使い分けます。 現在形の使い分けさえ理解してしまえば、過去形はかんたんに理解できます。 まずはbe動詞の現在形を完璧にマスターしましょう。 使い分けは下の表の通りです。 上の表のポイントは3つあります。
•主語が「I」のときは「am」を使う •主語が「He」や「She」「This」のように 自分以外で単数(1つ)のときは「is」 •主語が「You」や「They」「These」のように 自分以外の複数(2つ以上)は「are」を使う。
ちなみに、「You」という単語には「あなた」と「あなたたち」の2つの意味があるので注意しましょう。

be動詞過去形はたったの2種類!

be動詞の過去形はたったの2種類です。 ポイントは2つ。
「am」と「is」は「was」に変える
「are」は「were」に変える
たったこれだけです。 表にまとめてみましょう。 現在形を過去形に変えるだけで、「~しました。」のように過去に起きた出来事について表現できます。 例えば、 現在形:I am at the station at 8 am. (私は朝8時に駅にいます。) 過去形:I was at the station at 8 am. (私は朝8時に駅にいました。) のように、現在形「am」を「was」にすることで、過去の出来事になるのです。 この表さえ理解してしまえば、be動詞の過去形は解けるようになります!

be動詞過去形の短縮形

be動詞の後に否定の「not」がつくことで文章全体を否定できます。 このときに、be動詞と「not」をくっつけて表現して短縮できます。 短縮の仕方は下の表の通りです。 作り方はとても単純です。 例えば、「wasn’t」は「was」に「not」をくっつけて「wasnot」として「o」を「’」に変えるだけで「wasn’t」になります。 過去形の短縮形だけでなく、現在形の短縮形についてもここで理解してしまいましょう! 注意が必要なのは「am not」には短縮形が無いことです。 「amn’t」という短縮形がない理由は、「m」と「n」という鼻から出す音が隣り合ってしまうと発音しにくくなるからです。 この場合は主語の「I」と「am」を短縮して「I’m not」とするのが普通です。

be動詞過去形の使い方【肯定文・疑問文・否定文】

英語の文は大きく分けて肯定文・疑問文・否定文の3つの種類があります。 ここでは、be動詞過去形を用いて例文を用いて解説していきます。

be動詞過去形を用いた肯定文

be動詞を用いた肯定文は
主語+be動詞+~.
という形になります。 全ての文の基本形となるのでしっかりおさえておきましょう。 be動詞の過去形を用いた肯定文の例を紹介します。 I was a junior high school student last year. (私は去年、中学生でした。) He was at Tokyo Station at 9 o'clock. (彼は9時には東京駅にいました。) 過去形を用いた文章では、「last year」や「at 9 o'clock」のように過去の時間を表す表現を同時に使う場合が多いです。

be動詞過去形を用いた疑問文

be動詞の疑問文は
be動詞+主語+~?
という形になります。 主語とbe動詞が入れ替わる点と、文末に「?」を付けることを忘れないようにしましょう。 be動詞の過去形を用いた疑問文の例を紹介します。 Were they happy at that time? (その時、彼らは幸せでしたか?) Was she in the classroom? (彼女は教室にいましたか?) 主語に合わせて「was」と「were」を使い分けます。 また、文のはじめは大文字にすることも忘れないようにしましょう。

be動詞過去形を用いた否定文

最後にbe動詞を用いた否定文を紹介します。
主語+be動詞+not+~.
という形になります。 notはbe動詞とくっつけて短縮形にしてもかまいません。 This computer was not in the office. (このパソコンは事務所にありませんでした。) I wasn't tired until yesterday. (昨日までは私は疲れていませんでした。) 基本的な考え方は肯定文と同じです。 否定文を作る際は、notを置く位置に気を付けましょう。

練習問題に挑戦!【be動詞過去形を徹底攻略】

それでは、be動詞の過去形について一気におさらいしていきましょう。 まずは練習問題をといてみてください! できれば、紙と鉛筆を用意してテストをするように解いてみると実力が付きます。

練習問題

第1問~第3問(  )に入るbe動詞はどちらでしょう?(was ・ were) 第1問 He (  ) at Tokyo Station at 9 o'clock. 彼は9時には東京駅にいました。 第2問(  ) they happy at that time? その時、彼らは幸せでしたか? 第3問 I (  )not tired until yesterday. 昨日までは私は疲れていませんでした。 第4問~第5問 以下の単語を並べ替えて文章を完成させなさい。 第4問(the / was / classroom / she / in /?) 彼女は教室にいましたか? 第5問(were / in / not / the/ computers / office / these /.) これらのパソコンは事務所にありませんでした。

よくわかる解説

いかがでしたでしょうか? 並べ替え問題が意外と難しかったという人もいるでしょう。 それでは1つずつ解説していきます。
第1問 He (was) at Tokyo Station at 9 o'clock.
主語が「He」であるため、使うべき過去形は「was」です。 ちなみに主語が「He」のときの現在形は「is」になるので覚えておきましょう。
第2問(Were) they happy at that time?
主語が「they」であるため、使うべき過去形は「were」です。 疑問文になると主語と動詞が入れ替わります。 また、文頭のアルファベットは大文字になることも忘れないようにしてください。
第3問 I (was)not tired until yesterday.
主語が「I」であるため、使うべき過去形は「was」です。 現在形の場合は「I」に対応するbe動詞は「am」になります。
第4問(the / was / classroom / she / in /?)
→Was she in the classroom ? 並べ替え問題は、最初に主語と動詞を探します。 すると、主語は「She」動詞は「was」であることが分かります。 そして、最後に「?」マークがあるため、この文は疑問文です。 つまり、主語と動詞を反対にして置く必要があるため、 Was she ~ ? となることが分かります。 残った(the / classroom / in )をみると「in the classroom」となるため、答えは Was she in the classroom ? となるのです。
第5問(were / in / not / the/ computers / office / these /.)
→These computers were not in the office. この問題もまずは、主語と動詞から探します。 動詞が過去形の「were」であるため、主語は複数形の「computers」です。 「これらの」という意味がある「these」を「computers」の前について、 「These computers were~」 となることが分かります。 また、否定の「not」があるため、be動詞の直後について 「These computers were not~」 となり、残った( in / the / office)をみると「in the office」となるため、答えは These computers were not in the office. となるのです。

be動詞過去形はとてもかんたん!確実に得点しよう

実際に問題を解いてみると、意外に難しく感じた部分もあったのではないかと思います。 英語を得意にするためには、とにかく反復練習が大切です。 問題を解いてみて間違ってしまったポイントをピックアップして、何度もチャレンジすること少しずつ正解率は上がっていきます。 この記事で紹介した内容さえ理解していれば、be動詞の過去形についての問題は解けてしまいます。 難易度が上がっても基本は同じであるため、この単元は確実に得点していきましょう。

おすすめの英語文法参考書

  1. 大学受験スーパーゼミ 全解説 頻出英文法・語法問題 1000

    文法・語法参考書のパイオニア的な存在!正誤問題、整序問題など受験で頻出する問題などを網羅!

    人気度 ★★★★★
    書名 大学受験スーパーゼミ 全解説 頻出英文法・語法問題 1000
    著者 瓜生豊・篠田重晃
    価格 1518円
レア求人・スカウトメールの通知を受け取れます!
会員登録はこちら
この記事を書いた人
中野 こうき
元塾講師
プロフィール

個別指導塾での5年間の講師経験を持つ元塾講師です。 生徒の成績の向上させるための指導はもちろん、 勉強の面白さを伝えることにも力を入れてきました。 生徒が楽しく積極的に勉強に取り組めるような、 そんな授業を目指していきましょう!

関連記事

be動詞と一般動詞の違いを例文と共に徹底解説!

「be動詞と一般動詞って何が違うの?」 「動詞の使い分け方がよく分からない・・・」 このような疑問…

2021年12月3日

英語の塾講師をしてみたい!どれくらいのレベルの英語ができたらいいの?

受験時代に英語が得意だった、これから留学予定など、英語が得意な人は 「この力を活かして、教え…

2021年8月27日

英語長文を解くコツ7選!スラスラ読めない人におすすめの勉強法も解説

英語長文は入試試験においても、必ず出題される形式です。 そのため、しっかりと対策をして入試本番…

2022年1月24日

be動詞過去形の使い方を例文とともに徹底解説|練習問題にも挑戦しよう!

「be動詞の過去形の使い方がわからない…」 「応用問題が解けるようになりたい。」 「英語のテスト…

2021年12月27日

塾講師に就職したい!気をつけるポイントやあると有利な資格を解説

学生バイトで塾講師の経験をしたが自分に合っているようだった、教育業界で働きたいなどの理由から塾講…

2021年8月24日

英語リスニングの「聞き流し」を効果的な勉強法にする方法4選

「英語を聞き流す」というリスニング学習法が昔からありますが、この学習法の効果は実際どれくらいのも…

2022年3月10日
エージェント スカウト 求人検索 ログイン
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方
キャリアUPエージェント非公開求人
現役大学生も登録OK!

貴方のご希望に沿った仕事先の塾を
紹介するサービスです。
まずは、ご希望をお聞かせください。

ご希望の時給・月給・年収 ご希望の勤務地 ご希望の転職時期 メールアドレス エージェントサービス利用規約およびプライバシーポリシーに
キャリアUPエージェント非公開求人
STEP 2
名前 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 出身大学・在籍大学 学部 学年 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 ご希望のパスワード 戻る
キャリアUPエージェント非公開求人
申し込み完了

スタッフよりご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

ダイレクトスカウトご登録

貴方のプロフィールに興味をもった塾と
直接チャットでやり取りをする
求職サービスです。

ニックネーム メールアドレス ご希望のパスワード 出身大学・在籍大学 学部 学年 プライバシーポリシーに
ダイレクトスカウトご登録
以下は入力しなくても登録可!

ユーザー情報は全部登録した方が、
塾からの返信数が増えるので、
登録をおすすめします。

名前(非公開) 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 戻る
ダイレクトスカウトご登録
申し込み完了

貴方のプロフィールに興味を持った塾から連絡が入りましたらメールでご連絡が届きます。
届きましたら当サイトにログインをして、ご連絡をお願いいたします。