英語長文を解くコツ7選!スラスラ読めない人におすすめの勉強法も解説

英語 長文 コツ 英語長文は入試試験においても、必ず出題される形式です。 そのため、しっかりと対策をして入試本番に望みたい人は多いでしょう。 長文を苦手とする人の大部分は、読む速さが足りていないことが挙げられます。 本記事では、英語長文をサクサク読み進めるためのコツや、効果的な勉強法について紹介します。
こんな人におすすめ
・英語長文を読むのに時間がかかってしまう人 ・長文で知らない単語があると先に進めなくなってしまう人 ・最後まで読み切っても内容が把握しきれない人
ぜひ、最後までお読みください。

英語長文をスラスラ解くコツ7選

ここでは、英語長文をスラスラ解くためのコツを紹介します。 問題を解くときに気を付けるべきポイントを網羅的に解説しているたので、ぜひ普段の勉強に取り入れてみてください。
1. 英語の語順のまま理解する 2. 要点を段落ごとに整理する 3. 英文の構造を正しくつかむ 4. 知らない英単語を推測する 5. 本文の前に問題文を読む 6. 論理の転換点を把握する 7. 答えの根拠は印をつける
さっそく見ていきましょう。

1.英語の語順のまま理解する

英語と日本語は語順が異なります。 そのため、英語を日本語に訳しながら読んでいると、目線が行ったり来たりするので、時間がかかる原因になるのです。 例えば、「I can speak English.」という英文の場合、前から順番に訳していくと「私・できる・話す・英語」となります。 きれいに訳せば「私は英語を話せます。」となるものの、「私・できる・話す・英語」の状態でも意味は理解できますね。 英語の語順のまま意味を理解することで、読解スピードが上がります。 1つの文が長くなればなるほど、その効果は顕著に表れるでしょう。 英語の語順のまま理解するためのトレーニング法として、スラッシュリーディングと呼ばれるやり方があります。 英語を速く読めるようになりたい人は、スラッシュリーディングを試してみることをおすすめします。

2.要点を段落ごとに整理する

段落ごとに要点を把握しながら読んでいくことは、英語長文を素早く理解するコツです。 基本的に1つ段落には1つの要点しか盛り込まれていません。 そのため、段落ごとに要点をつかむことが、文章全体を理解する近道になるのです。 段落の要点をつかむことは、文章の骨組みを理解することにつながります。 長々と書かれている文章でも、そのほとんどは具体例や説明のために書かれた部分です。 そのため、筆者が本当に伝えたいことを理解すれば、何度も読み直す必要はありません。 文章の大まかな流れをつかむテクニックとして、パラグラフリーディングと呼ばれるものがあります。 書かれている内容を頭の中で整理することが苦手な人は、ぜひ試してみると良いでしょう。

3.英文の構造を正しくつかむ

英語の文構造は大きく分けて5つに分かれます。 その5つを正確に解釈できれば、長文読解だけでなく、英文和訳や英作文の力も上がります。 必ず押さえておきたい5文型は以下の通りです。 *S:主語 V:動詞 O:目的語 C:補語 文型を支配するのはV(動詞)です。 例えば、be動詞の場合は第1文型か第2文型のどちらかになります。 動詞によって、文が取り得る文型が決定されます。 注意点は、ある動詞が特定の文型を取り得るとは限らない点です。 例えば、giveは第3文型か第4文型のどちらかをとる動詞です。 どちらの文型をとるかは、目的語の配置を参考に解釈する必要があります。

4.知らない英単語を推測する

英語の長文問題では、知らない単語が出てくる可能性が非常に高いです。 難易度の高い入試問題になると、単語帳に載っていないような難解な英単語が使われていることは珍しくありません。 とはいえ慌てる必要はありません。 分からない単語が出てきても前後の文脈から推測することが出来ますし、正確な意味をとれなくても、だいたいのニュアンスを把握できれば、設問を解くことは十分可能です。 一番やってはいけないのは、意味が分からない単語を思い出そうとすることです。 瞬間的に意味が出てこない単語を、思い出すための時間は試験本番にはありません。 単語帳に載っている英単語は完璧にして、それ以外の英単語は、そのつど推測しましょう。

5.本文の前に問題文を読む

先に設問を読むことで英語長文の内容を大体把握することができます。 設問となっているポイントは、本文の中でも特に大切な部分です。 逆に言えば、設問で問われていない部分はあまり重要ではない部分、深く読み込む必要はありません。 英語長文の全てを同じ濃度で読んでいては時間がなくなってしまいます。 じっくり読むべきところと、サクサク読み進めるところを明確にしておくことで、読解速度は大きく上昇します。 そのためにも、設問をあらかじめ読んでおくことはとても大切です。 これまでいきなり長文から読んでいた人は、ぜひ設問から目を通すようにしてみてください。 解き方に慣れれば、読解速度は上がるでしょう。

6.論理の転換点を把握する

論理の転換点を把握するためには、ディスコースマーカーと呼ばれる接続詞に注目しながら本文を読み進めましょう。 話の流れが変わるポイントを明確にすることで、英語の文章に置き去りにされることを防げます。 代表的なディスコースマーカーとしては以下のものが挙げられます。 このような接続詞を意識するだけで、話の展開を理解しやすくなります。 ディスコースマーカーを選択肢から選ぶ問題も頻出であるため、必ず理解しましょう。

7.答えの根拠は印をつける

回答の根拠に当たる部分は、しっかりチェックするようにしましょう。 なぜなら、自分自身で英語長文のどの部分を根拠に回答したのかを把握できていないと、勘で答えたことと同じになってしまうからです。 設問に回答した理由や根拠となる部分に線を引くなどして、回答に根拠を持つクセを付けましょう。 そうすることで、答え合わせの際に改善点を見つけやすくなり効率的な学習に繋がります。

英語長文がスラスラ読めないときにやるべき勉強法3選

ここでは、長文を読む速さに悩んでいるときに、やるべき勉強法を3つ紹介します。
1.英単語はイメージで覚える 2.解き終わった長文を精読する 3.時間を決めて何度も音読する
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.1冊の英単語帳を完璧に覚える

結論から言うと、英単語はイメージやニュアンスで覚えることで、問題を解く上で活きた知識が身につきます。 英語を見て日本語の意味が出てくるのは最低限の暗記レベルです。 欲を言えば、日本語ではなく英単語のイメージを身につけましょう。 例えば、「decline」には「拒絶する」と「減少する」という意味があります。 この単語を英語と日本語の1対1対応で、「拒絶する」という意味だけで覚えていては、「減少する」の意味で使われた際に、文の意味が分からなくなってしまいます。 そこで、「decline」という単語に「ネガティブ」なイメージを持っておくことで、抽象的な解釈が可能になります。 解釈の幅を持たせるためにも、英語を日本語で覚えることに執着しすぎないようにしましょう。

2.解き終わった長文を精読する

解き終わった英語長文をそのままにしてはいませんか? 実は、一度読んだ英語長文はじっくり読み返すことで、読解力を付けるためのトレーニング材料になります。 精密に英文を読む「精読」をして、弱点やつまずきポイントの補強をしましょう。 精読によって得られるメリットには、以下の3点があります。
1.文構造を理解する力が身につく 2.分かる文章が増える 3.読むスピードが上がる
文構造を理解し、文章をサクサク理解できるようになれば、読むスピードは自ずと上がっていきます。 英語読解力を身につけるためにも、英文を精読することはおすすめです。

3.時間を決めて何度も音読する

精読が終わったら、文章を何度も音読しましょう。 できれば、ネイティブの英語音源がある参考書で、正しい発音を聞きながら音読することをおすすめします。 音読で得られるメリットは以下の3つです。
1.英語を語順で文章を理解するクセが身につく 2.リスニング力が鍛えられる 3.英文の読解速度が上がる
音読をスラスラできれば、黙読はさらに速く読めるようになります。 小学生のときに国語の教科書を何度も音読したのと同じように、英語も音読することで読解力向上に役立ちます。

英語長文をスラスラ読むコツは日本語に訳さないこと!反復練習が大切

英語長文は難易度が高いため、学習の成果が出るのに時間がかかります。 コツコツ反復練習をする忍耐強さが求められると言って良いでしょう。 英語長文の読むスピードを上げるために特に大切なことは、以下の3つです。
● 英語を日本語に訳さない→英語の語順で読んでいく ● 論理展開を把握する→ディスコースマーカーを意識する ● 精読と音読を徹底する→長文に慣れる
本記事を参考に、英語長文の勉強にお役立てください。

おすすめの英語長文問題集

  1. 英語長文問題精講(旺文社)

    300字程度の複雑な長文が合計100題掲載。ハンディータイプなので移動時間にもおすすめの定番の問題集です。

    人気度 ★★★★★
    書名 英語長文問題精講(旺文社)
    著者 中原道喜
    価格 968円
  2. やっておきたい英語長文500 (河合塾シリーズ)

    MARCH・関関同立レベルの英語対策をしたいという受験生に定番の一冊。

    人気度 ★★★★
    書名 やっておきたい英語長文500 (河合塾シリーズ)
    著者 杉山俊一
    価格 975円
レア求人・スカウトメールの通知を受け取れます!
会員登録はこちら
この記事を書いた人
中野 こうき
元塾講師
プロフィール

個別指導塾での5年間の講師経験を持つ元塾講師です。 生徒の成績の向上させるための指導はもちろん、 勉強の面白さを伝えることにも力を入れてきました。 生徒が楽しく積極的に勉強に取り組めるような、 そんな授業を目指していきましょう!

エージェント スカウト 求人検索 ログイン
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方
キャリアUPエージェント非公開求人
現役大学生も登録OK!

貴方のご希望に沿った仕事先の塾を
紹介するサービスです。
まずは、ご希望をお聞かせください。

ご希望の時給・月給・年収 ご希望の勤務地 ご希望の転職時期 メールアドレス エージェントサービス利用規約およびプライバシーポリシーに
キャリアUPエージェント非公開求人
STEP 2
名前 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 出身大学・在籍大学 学部 学年 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 ご希望のパスワード 戻る
キャリアUPエージェント非公開求人
申し込み完了

スタッフよりご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

ダイレクトスカウトご登録

貴方のプロフィールに興味をもった塾と
直接チャットでやり取りをする
求職サービスです。

ニックネーム メールアドレス ご希望のパスワード 出身大学・在籍大学 学部 学年 プライバシーポリシーに
ダイレクトスカウトご登録
以下は入力しなくても登録可!

ユーザー情報は全部登録した方が、
塾からの返信数が増えるので、
登録をおすすめします。

名前(非公開) 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 戻る
ダイレクトスカウトご登録
申し込み完了

貴方のプロフィールに興味を持った塾から連絡が入りましたらメールでご連絡が届きます。
届きましたら当サイトにログインをして、ご連絡をお願いいたします。