勉強の体力が持たない!長時間集中するための4つのコツを紹介

勉強 体力 「勉強しすぎて頭がぼーっとする」 「家に帰ると疲れてしまって勉強できない」 「勉強の体力が持続しない・・・」 このような悩みをお持ちではありませんか? 「勉強をしなくては」という意思はあっても、本腰を入れて勉強に取り組み続けることは、想像以上に難しいことです。 集中して長時間の勉強を行うには、「勉強するための体力」が必須。 そこで今回は、下記のないようについてまとめていきたいと思います。
この記事で分かる事

● 勉強の体力は今からでも身に付く? ● 勉強の体力を身に付ける3つの方法 ● 勉強の体力を長続きさせる4つのコツ

本記事では他にも、モチベーションに左右されず勉強に取り組み続けるためのマインドの持ち方を解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

勉強の体力は今からでも身に付く

勉強に対する体力は、精神的な持久力に言い換えられます。 つまり、気持ちを健康に保つことが長期間集中するための秘訣です。 もちろん、そのためには身体の調子を整えることは欠かせません。 勉強の体力を身に付けるには、生活習慣を整える必要があります。
● 起床時間と就寝時間をそろえる ● 夜更かしして勉強しない ● 暴飲暴食は避ける ● 適度な運動を心がける
以上のようなことを意識することで、精神的なしなやかさを取り戻せるでしょう。

勉強の体力を身に付ける3つの方法

勉強に熱意を持って継続的に取り組むためには、しっかりとしたメンタリティーが必要です。 テストの結果や勉強に対する気持ちの変化などで、モチベーションが急激に落ちてしまうことは、誰にでもあります。 精神的な壁を乗り越えながら、勉強を積み重ねていくのは、成功するために非常に重要です。 ここでは、勉強の体力の身に付け方について3つの方法を紹介します。
1.勉強計画を立てる 2.睡眠をしっかりとる 3.勉強に取り組む理由を明確にする
モチベーションに左右されないしなやかなメンタルを持つことが、勉強の体力を付ける際に大切です。

1.勉強計画を1日ごとに立てる

勉強の計画を細かく立てることで、やるべきことの先延ばしを防げます。 なぜなら、1日ごとにやるべきことを明確にすれば、今日集中するべき事柄が明確になるからです。 例えば「1ヵ月で30ページ」を解くという目標の場合、今日は何をするべきなのかが明確になっていないため、勉強に取り組みにくくなるでしょう。 一方「1日3ページ」と計画を立てて取り組むと、今日取り組むべきことが明確になります。 さらに細かく区切ると「午前中に2ページ・寝る前に1ページ解く」のように、行うべきこの具体性が高い計画を立てられます。 このように、勉強内容を細かく分解して1日ごとに割り振ることで、モチベーションに左右されずに勉強に取り組めるでしょう。

2.睡眠をしっかりとる

睡眠が十分にとれていないと、思考力や判断力が鈍り、脳のパフォーマンスが低下します。 さらに、メンタル面において不安定になりやすく、行動がそのときの気分に左右されやすくなってしまいます。 そうならないために、夜更かしはしないようにしましょう。 理想的な睡眠時間は、年代別で分かれており、厚生労働省によると
● 10代・・・8~10時間 ● 20代~50代・・・6.5~7.5時間 ● 60代以上・・・6時間弱
(参照元:厚生労働省|健康づくりのための睡眠指針検討会報告書) とされています。 中学生から高校生の方であれば、8時間程度の睡眠をとると良いでしょう。 なお、寝る前にスマホを見るのは、入眠の妨げになるためおすすめできません。 スマホからは「ブルーライト」と呼ばれる光が放出されています。 ブルーライトは、太陽光に含まれているため、脳が昼間と勘違いして入眠しづらくなるのです。 そのため、寝る2時間前までにスマホの使用は、やめるようにしましょう。

3.勉強に取り組む理由を明確にする

「なぜ勉強を頑張るのか」を自分の中で明確にすることで、熱意を維持したまま勉強に取り組める可能性が高くなります。 不安や恐怖からくるモチベーションは、短期的には効果があるものの、長続きしない性質があります。
「隣のクラスの○○には絶対に負けたくない」 「良い点数を取らないといい学校に行けない」
このような動機で勉強に取り組んでいると、精神的に消耗します。 もちろん、不安や恐怖によるモチベーションを味方に付ければ、爆発力を期待できるでしょう。 しかし、長期的に頑張り続けるためには、楽しみやワクワク感をやる気につなげることをおすすめします。
「志望校に入学したら、部活を思いっきり楽しむ!」 「英語が好きだから、将来は英語を活かした職業に就きたい!」
このような動機は、長期的に勉強に取り組み続ける原動力です。 そのため、少しずつ将来的な目標の中から勉強を頑張る理由を見いだしていきましょう。

勉強の体力を長続きさせる4つのコツ

長期間勉強に取り組み続けていると、集中力が途切れてしまう瞬間がおとずれます。 ご自身の本来の力を発揮するためには、集中力が切れたときの対応が大切です。 ここでは、勉強に長時間集中するためのコツを4つ紹介します。
1.科目を変える 2.ポモドーロテクニックを使う 3.散歩をする 4.分からない問題は早めに答えを見る
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.科目を変える

集中力が切れてしまったり、勉強している内容に飽きたりするのは、脳が疲労している証拠です。 脳の特定の部位を酷使している状態であるため、勉強する科目を変えることをおすすめします。 古文単語の暗記で集中できなくなったら、数学や物理などの論理的な思考が必要となる科目に変えて勉強すると良いでしょう。 ここで気を付けて欲しいのが、勉強科目を変えても脳の使う領域が変わらない場合、意味がないということ。 例えば、古文単語の勉強から英単語の暗記に切り替えた場合、科目は変わっているものの、脳の働きは「記憶」から変わっていない状態です。 この場合は、すぐに集中が続かなくなる可能性があるので注意しましょう。 文系↔理系で切り替えると、効果的な気分転換になるのでおすすめです。

2.ポモドーロテクニックを使う

ポモドーロテクニックは、25分の勉強時間と5分間の休憩を繰り返す時間管理術です。 集中して勉強していると、脳を極限まで追い込んでしまい、オーバーヒートする可能性があります。 そこで、ポモドーロテクニックを用いて、強制的に5分間の休憩を取ることで脳が集中しすぎるのを防ぎ、エネルギーを効率的に分配できるでしょう。 25分の勉強と5分の休憩を1セットで1ポモドーロとし、4ポモドーロ繰り返したら、15分〜30分の休憩を取ります。 このサイクルを繰り返すことで、長時間にわたって一定の集中力を保てるでしょう。

3.散歩をする

脳が疲れてしまったときに非常におすすめなのが、散歩をする事。 外に出て環境を変えることで、五感が刺激され、新たな考えが浮かびやすくなります。 例えば、分からない問題で行き詰まったときや、授業や講義の内容を理解しきれなかったときに、散歩をすることでひらめきを得られる可能性があります。 なお、勉強をする場所を変える際に、あえて歩いて移動すると散歩による休憩を取れるため、時間を有効利用できるでしょう。

4.分からない問題は早めに答えを見る

分からない問題に長時間をかけるのは、あまりおすすめできません。 なぜなら、解けない問題にいくら悩んでも、解けるようになる可能性は低いからです。 さらに、悩んでいる時間は自分の思考の中に閉じこもっている状態であるため、新たな学びを得られません。 5分~10分悩んでも解けない場合は、答えを見て問題を分析するようにしましょう。
「なぜ問題を解けなかったのか?」 「この問題を解くためには、どのような視点や思考回路が必要なのか?」
などをを分析しておくことで、効率的に勉強できます。 貴重な勉強時間は、解けない問題に悩むことではなく、解けるようになるための分析にあてましょう。

勉強は持久戦!体力を身に付けて楽しく勉強できる方法を見つけよう!

「志望校合格」や「定期テストで○番以内」などの目標を達成するには、長期にわたる取り組みが必要です。 勉強はマラソンと同じで、継続的にペースを保って努力できる人が高い成果を残します。 そのため、この記事で紹介した方法を参考に勉強の体力を身につけ、着実に目標を達成していきましょう。
レア求人・スカウトメールの通知を受け取れます!
会員登録はこちら
この記事を書いた人
中野 こうき
元塾講師
プロフィール

個別指導塾での5年間の講師経験を持つ元塾講師です。 生徒の成績の向上させるための指導はもちろん、 勉強の面白さを伝えることにも力を入れてきました。 生徒が楽しく積極的に勉強に取り組めるような、 そんな授業を目指していきましょう!

関連記事

【英語勉強法】英語長文が読めるようになる勉強法4選

英語の勉強をしている方、特に受験生からはよく、 「英語長文が苦手」 「時間があれば読めるけど、…

2022年1月25日

勉強に集中するにはどうすばいい?集中力が切れた時に効果的な方法14選!集中できない理由は何?

勉強しないといけないのに集中できない、、、 集中力が途切れて勉強が続かない、、、 学生なら誰で…

2021年8月30日

【現役塾講師が教える!】勉強嫌いなあなたへ!勉強が好きになる方法をご紹介!

今回の記事では現役塾講師でもある私が、勉強を好きになる方法についてご紹介していきたいと思います! …

2022年3月8日

勉強中の嫌な頭痛にさよなら!原因と対策方法を知って乗り越えよう

「勉強していると頭が痛くなってきてしまう」 「試験前なのに頭痛で集中できない」 という経験をし…

2022年3月8日

勉強に疲れた…そんなときはどうすればいい?疲れる原因を知って、対処法を考えよう

集中して勉強するのは、なかなか気力と体力がいるものです。 人間の集中できる時間には限界があり、…

2022年2月25日

勉強に休憩は必要?休むべきタイミング4選と効果的な休み方

「休憩ってどのくらいとったらいいの?」 「勉強を休むのはライバルに差をつけられそうだから不安…」…

2021年12月16日
エージェント スカウト 求人検索 ログイン
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方
キャリアUPエージェント非公開求人
現役大学生も登録OK!

貴方のご希望に沿った仕事先の塾を
紹介するサービスです。
まずは、ご希望をお聞かせください。

ご希望の時給・月給・年収 ご希望の勤務地 ご希望の転職時期 メールアドレス エージェントサービス利用規約およびプライバシーポリシーに
キャリアUPエージェント非公開求人
STEP 2
名前 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 出身大学・在籍大学 学部 学年 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 ご希望のパスワード 戻る
キャリアUPエージェント非公開求人
申し込み完了

スタッフよりご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

ダイレクトスカウトご登録

貴方のプロフィールに興味をもった塾と
直接チャットでやり取りをする
求職サービスです。

ニックネーム メールアドレス ご希望のパスワード 出身大学・在籍大学 学部 学年 プライバシーポリシーに
ダイレクトスカウトご登録
以下は入力しなくても登録可!

ユーザー情報は全部登録した方が、
塾からの返信数が増えるので、
登録をおすすめします。

名前(非公開) 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 戻る
ダイレクトスカウトご登録
申し込み完了

貴方のプロフィールに興味を持った塾から連絡が入りましたらメールでご連絡が届きます。
届きましたら当サイトにログインをして、ご連絡をお願いいたします。