【経験者は語る】塾講師に予習は必要?授業をスムーズに進める5つのコツを徹底解説

「塾講師は授業前に予習は必要?」 「予習に時間をかけすぎてブラックバイト化しそうで怖い」 「効率よく授業準備をするためのコツを知りたい!」 このような疑問をお持ちではありませんか? 塾講師は授業をする前に予習をする必要があります。 しかし、授業準備に長時間費やしてしまうと無賃労働となり、ブラックバイト化してしまう恐れがあります。 そのため、効率的に授業の予習や準備を済ませることが大切と言えるでしょう。 そこで、今回は個別指導塾で5年間働いた経験がある筆者が
●塾講師が予習をしておくべき3つの理由 ●塾講師が予習するときに押さえるべき5つのコツ ●塾講師が予習する際の注意点
について解説します。 この記事を読めば、分かりやすい授業をするための予習のコツが分かるので、ぜひ最後までお読みください。

塾講師が予習をしておくべき3つの理由

授業を円滑に進めるための予習は、塾講師の重要な仕事です。 ここでは、授業の予習をするべき理由を3つ紹介します。
●授業時間を効率よく使うため ●生徒との信頼関係を築くため ●体力を温存するため
「分かりやすい先生」と評価される講師は、しっかり予習をしています。 それぞれ詳しく見ていきましょう。

授業時間を効率よく使うため

限られた授業時間を有効に活用するために、授業の予習は欠かせません。 なぜなら、生徒から質問された問題を授業中に理解しようとすると、説明を始めるまでに時間がかかってしまうからです。 塾講師が問題を読み解いている間は、生徒を待たせることになるため、授業時間が無駄になってしまいます。 それでも、全ての問題を網羅的に予習することは不可能です。 そのため、質問されそうな単元でよく出題される問題には、あらかじめ目を通して置くと良いでしょう。 基本となる考え方をインプットしておけば、質問に対応するまでにかかる時間は、大幅に削減できます。

生徒との信頼関係を築くため

生徒から質問を受けてから、返答するまでに時間をかけすぎると「この先生大丈夫かな?」と不信感を持たれる原因です。 担当して間もない生徒を相手にする場合は「サクサク授業を進められない先生」という第一印象を与えてしまう恐れがあります。 安心感を演出するためにも、あらかじめ質問されそうな問題に先回りし、解説の道筋を準備しておくことが大切です。 特に、難易度が高い問題は即答するのが難しいです。 その場合は「この問題はじっくり解説したいから少し時間もらうね!」のように、一言付け加えることをおすすめします。 そうすることで、ある程度時間をかけて解説を組み立てても、不信感を抱かれる可能性は低くなるでしょう。

体力を温存するため

予習をせずに授業に臨むと、授業中に頭の体力を浪費することにつながります。 なぜなら、授業中に知らない質問をぶつけられる度に、臨機応変に対応しなければならないからです。 予習をせずに授業に臨むと、先が読めない<ため精神的なストレスにつながります。 生徒から持ちかけられる質問に対し、想定の範囲内で対応できるように予習をすることで、精神的な余裕が生まれ、落ち着いて生徒指導に専念できます。 授業全体をコントロールするためにも、大まかに予習しておくことは大切です。

塾講師が予習するときに押さえるべき5つのコツ

授業の予習をする際に、どのようなポイントに注意すべきか分からないという方は、多いのではないでしょうか? ここでは、効率的に予習を済ませるためのコツを5つ紹介します。
●質問されたポイントを重点的に準備する ●説明の方法をパターン化しておく ●問題集のクセやレベルを把握しておく ●学校ごとに授業進度を確認しておく ●生徒ごとに成績を確認しておく
授業の予習は、網羅的に行うと終わりが見えなくなります。 そのため、ポイントを絞って効率的に予習することが大切です。

質問されたポイントを重点的に準備する

生徒によって性格や学力は差があるものの、質問されるポイントはある程度共通している傾向があります。 以前質問を受けたことがあるポイントは、他の生徒から再度質問される可能性が高いです。 質問されるポイントを重点的に予習することで、授業を円滑に進められるでしょう。 しかし、同じ質問でも説明の方法は生徒に合わせて工夫する必要があります。 同じ説明を繰り返すのではなく、生徒ごとにオーダーメイドの解説を準備しておくと良いでしょう。

説明の方法をパターン化しておく

同じ質問内容に対しても、生徒によって説明の方法を工夫することは大切です。 なぜなら、感覚的に理解できる物事の捉え方は人それぞれ異なるからです。 そのため、生徒の学力レベルや性格によって、説明の切り口や深さを変えることをおすすめします。 解説する際の板書レイアウトまで決めておくと、授業中に迷いがなくなり「分かりやすい先生」と評価されやすくなるでしょう。

問題集のクセやレベルを把握しておく

同じ単元でも、問題集によって設問のレベルや出題のクセが異なります。 出版社が異なっていたり対象としている学力レベルに差があったりするため、生徒1人ひとりに合わせて、実力を伸ばすのに適している問題集を提供する必要があります。 特に、ハイレベルな問題集になるほど出題のクセが出やすいので注意が必要です。 生徒1人ひとりに合わせて適切な問題集を素早く提示することで、授業の質は高まります。 授業に使用する問題集のレベルとクセは、予習の際に把握しておきましょう。

学校ごとに授業進度を確認しておく

学校ごとの授業進度を把握しておけば、質問されそうなポイントや準備しておくべき資料の見当が付きます。 中学や高校は、学校によって進度が異なる場合が多いです。 例えば、授業の進みが遅い学校があったり、教科書の後ろの単元を先に進めたりする場合があります。 そのため、学校ごとの授業進度を把握していないと、授業を予習するターゲットを外すことにつながります。 学校ごとの授業の進み具合の情報は、同僚の講師や生徒から聞きくことで、頻繁にアップデートしておくと良いでしょう。

生徒ごとに成績を確認しておく

生徒のこれまでの成績から、大まかな学力レベルを把握しておくことは重要です。 なぜなら、学力レベルを考慮せずに授業をしていると、生徒が求めている授業からかけ離れてしまうからです。 例えば、学力レベルが高い生徒の場合は、授業のスピードを速めて応用的な解説を重視する必要があります。 一方、基礎的な内容を把握できていない生徒には、ゆっくり丁寧に初歩的な内容を説明する必要があるでしょう。 解説するレベルを外すと、授業のピントがぼけてしまい「分かりにくい先生」という印象を持たれてしまう可能性があります。 初めて担当する生徒であっても、過去の成績などの資料を参考に、学力レベルを把握しておきましょう。

塾講師が予習する際の注意点【やってはいけない】

予習をする際に、問題集を1から解き直す必要はありません。 なぜなら、塾講師はテストで高得点を取ることよりも「分かりやすく」説明できる力が求められているからです。 問題集を速く正確に解く訓練をしても、解説力はあまり身につかないため、予習の方向性がずれてしまいます。 筆者は、過去に一度だけ授業の予習のために問題集を解いてみて、費用対効果の悪さを実感しています。 1から問題集を解くのは膨大な時間がかかるので、労働条件を自ら悪化させることにもつながるでしょう。 頭の中で質問されそうなポイントをピックアップし、解説の切り口を準備することが効果的な予習の方法です。

塾講師は予習をすれば楽に働けるようになる

塾講師を5年間経験した筆者の感覚では、本格的な予習が必要なのは、最初の50コマ程度です。 ある程度経験を積めば、これまでの授業の進め方を改善したり工夫を加えたりする段階に入ります。 そのため、予習にかかる時間は徐々に短くなるでしょう。 塾講師に求められるのは、生徒にとって分かりやすい解説の方法を研究する視点です。 授業の予習や準備を抜かりなく行うことで、質の高い授業につながるでしょう。

関連記事

塾講師に国家資格は必要?学習塾講師検定など有利な資格は?

・塾講師をはじめてみたい ・でも、塾講師になるために資格って必要なのかな? ・学習塾講師検定っ…

2021年10月31日

性格別!やる気を引き出す勉強計画の立て方について徹底解説

「生徒がなかなかやる気になってくれない」 「一緒に勉強計画を立てても、計画通りに進んだことがな…

2021年7月20日

【塾講師必見】エニアグラム・ 性格タイプ別 指導法②~献身家タイプ

この連載シリーズでは、性格類型論の1つであるエニアグラムを用い、生徒の性格タイプに応じて、生徒のや…

2022年3月6日

あなたの生徒は大丈夫?自主学習のノート作り方で失敗しないための目標設定

塾や予備校の生徒の中には、学習効率をアップさせるノートの作り方を知らない子が少なくありません。 …

2021年8月23日

【塾講師必見】エニアグラム・ 性格タイプ別 指導法⑦~楽天家タイプ~

この連載シリーズでは、性格類型論の1つであるエニアグラムを用い、生徒の性格タイプに応じて、生徒の…

2022年3月25日

【塾講師必見】エニアグラム・ 性格タイプ別 指導法⑨~調停者タイプ~

この連載シリーズでは、性格類型論の1つであるエニアグラムを用い、生徒の性格タイプに応じて、生徒のや…

2022年4月5日
エージェント スカウト 求人検索 ログイン
ユーザーログイン
メールアドレス
パスワード
初めての方 パスワードを忘れた方
キャリアUPエージェント非公開求人
現役大学生も登録OK!

貴方のご希望に沿った仕事先の塾を
紹介するサービスです。
まずは、ご希望をお聞かせください。

ご希望の時給・月給・年収 ご希望の勤務地 ご希望の転職時期 メールアドレス エージェントサービス利用規約およびプライバシーポリシーに
キャリアUPエージェント非公開求人
STEP 2
名前 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 出身大学・在籍大学 学部 学年 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 ご希望のパスワード 戻る
キャリアUPエージェント非公開求人
申し込み完了

スタッフよりご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

ダイレクトスカウトご登録

貴方のプロフィールに興味をもった塾と
直接チャットでやり取りをする
求職サービスです。

ニックネーム メールアドレス ご希望のパスワード 出身大学・在籍大学 学部 学年 プライバシーポリシーに
ダイレクトスカウトご登録
以下は入力しなくても登録可!

ユーザー情報は全部登録した方が、
塾からの返信数が増えるので、
登録をおすすめします。

名前(非公開) 性別 電話番号 生年月日 現在の職業 塾講師としての指導経験 就業中・就業経験のある塾名 現在の時給・月給・年収 戻る
ダイレクトスカウトご登録
申し込み完了

貴方のプロフィールに興味を持った塾から連絡が入りましたらメールでご連絡が届きます。
届きましたら当サイトにログインをして、ご連絡をお願いいたします。